24時間法律相談受付
アクセス
大きい地図を見る

無罪を主張したい

<速やかに弁護士に相談することが重要>

罪を犯していないにもかかわらず、逮捕されてしまった場合、速やかに弁護士に面会に来てもらうことが重要です。
逮捕されていないものの、捜査の対象となっているという場合も同様です。

起訴がされると、日本の刑事裁判では統計上99.9パーセント有罪になると言われています。
したがって、起訴がされる前の捜査段階において、起訴回避に向けた弁護活動を行うことが重要となります。

また、身体を拘束されて厳しい取り調べが続く中で、無罪を主張し続けることは精神的に大きな負担となります。
疲労困憊となり、重圧に負けて自白してしまうというケースもしばしばあります。
一度自白をしてしまうと、その自白内容は調書に残されることとなり、証拠となってしまいます。一度自白してしまったものを覆すというのは、かなり厳しい戦いとなります。
したがって、このような自白調書をとられてしまう前に弁護人と面会し、弁護人の適切なアドバイスのもと、取り調べなどに対応していく必要があります。

道民総合法律事務所は、冤罪と戦う依頼者やご家族のために、最大限の弁護活動をもって戦い抜く姿勢を重視しています。

詳しい法律相談への流れはこちら